FC2ブログ

今日のガンプラ

みなさん こんばんわ

GW初日 いかがお過ごしですか??

なぁはまたしもビックカメラに行って来ました

お客様感謝デーと名うってまして・・・

お菓子をもらってきました・・・っていいたいのですが

何を勘違いしたのかシャカシャカポテトのふりかけを

もらってきてしまいました ポテトが無いのにだめじゃん・・・

さてプラモも買って来たので組み立てるとしますか・・・

逕サ蜒・355_convert_20110429195048


今回はグフカスタムです 

前回のガンダムと較べてレベルは低いのか組み立てやすかったです

しかし部品が余るんですよね~ 不思議な事に

でも完成しちゃうんですよね~

今回はサラダをバックに写真を撮ってみました

逕サ蜒・356_convert_20110429195136
逕サ蜒・357_convert_20110429195215


いかがですか??

完成品はなかなかでしょ~

なぁのお気に入りのキットの一つです♪

パソコンの上に飾ろうと思ってるんですよ~
スポンサーサイト



すべてバーナンキ先生のおかげです(外人GWナシ)

日本では
とうとうゴールデンウイークに突入します。

///////////////////////////////////////////////
外国人はお休みではないのに日本人がお休みの期間
///////////////////////////////////////////////
(これいいヒントではないでしょうか?)

その顕著なものの一つがGWです。


今週の日経平均の動きです。

4/25 9671円96銭 10円25銭安
4/26 9558円69銭 113円27銭安
4/27 9691円84銭 133円15銭高
4/28 9849円74銭 157円90銭高

週間トータルで上げています。

4/8終値 9768円08銭どころか
4/1ザラバ高値9822円06銭も抜けてきました。
(しかも本日高値引け)


確かに出来高水準はおおむね低調でした。

しかし

4/25 14億6194万株
4/26 15億4010万株
4/27 17億4972万株
4/28 21億8440万株(←20億株超えてます)


ですので、


値動き、出来高とも

/////////////////////////////////////////
GWを前に見送り一色(軟調)になるだろう
/////////////////////////////////////////

との見方はハズレといっていいと思います。



やたらと「海外の休場に加え、日本もGWなので」
そして「だから市場は盛り上がらない」のような
解説が聞かれます。

これ半分も当たっていないように思います。

だって、株価が動いてくれば
意地でも投資家は売買してきますよ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::
でも売買高が盛り上がらないから
株価は動かないって考えるんでしょ?
::::::::::::::::::::::::::::::::::

それはわかりませんよ。

決めつけないほうがいいと思いますよ。
売買高が低水準であっても、株価は変動しますよ。
(このメルマガを古くから読んでいただいている方はご存知でしょうが)

これまでも何度も何度も、「長い休み」の前に私は
判で押したように、このようなことを書いています。

GWと正月、それと秋の連休などです。
(お盆という特殊なのもあります)←カレンダー上は休みではないので

(ほとんどのケースで)その見方が当たっていませんか??
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
外国人が○○休暇で売買が低調、見送り(の予想)
       ↓
売買は確かに低調だか、株価の変動は相当あった
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このようなことを何度も経験していると思います。


ましてや、今のような
「歴史的なタイミング」の時に
命の次に大事な「お金」を市場に投じる者が
はじめから「昼寝」を決め込むなど
考えられないことです

まぁ、そういうことです・・・。
これ、不思議なことではないと思います。
「相場観」というほどのものでもないと思います。

::::::::::::::::::::::
よくあることだからです
::::::::::::::::::::::



5月は5日連続でやってみます

昨日、気象庁から「三カ月予報」がでました。

(ここから)
向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、
特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。

この期間の平均気温は、高い確率50%です。

5月 天気は、数日の周期で変わるでしょう。
   平年に比べ晴れの日が多い見込みです。
   降水量は、平年並または少ない確率ともに40%です。

6月 天気は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
   気温は、高い確率50%です。

7月 天気は、平年と同様に前半は曇りや雨の日が多く、後半は晴れの日が
   多い見込みです。
   気温は、平年並または高い確率ともに40%です。
(ここまで)


どうやら、昨年ほどではないものの、
それなに(平年よりは)暑い可能性が高いようです。
(なんか変な日本語ですが・・・)
とくに6月以降に注目です。


//////////////////////////////////////////
それにより「電力需要」の高低がありますから
//////////////////////////////////////////


「電力不足」は「原発」と並ぶ
株式市場の2大ネガティブ材料です。

しかし、「原発」ほど気味の悪いものではないと思います。

株式市場がもしかすると織り込める性質のものではないかと
見ています。


(誤解を恐れずに書くと)
梅雨の間や梅雨の終わりごろに
ピーカンに晴れて、気温がグングン上昇したとします。

電力需要もグーンとUPです。

その時に、もしかすると
先般のような「電車の運行本数の削減」なども
あるかもしれません。

あ、ちなみに
「オフィスの冷房ちょびっと」
「あちこちで照明が切られる」
こんなのは当然のこととして書いています・・・。

石原都知事が提唱していた、
「自動販売機」
「パチンコ」
ももしかすると・・・です。


話を戻しますが・・・
もし、本格的に夏が到来する前に、
「そのようなこと」になれば、

/////////////////////////////////////
「織り込む」こともあるように思います
/////////////////////////////////////

私が考える通りならば
「その時」はかなり重要な時になるでしょう。
(わかったような口をきいていますが)


久しぶりのガンプラ

皆さん こんばんわ

初夏のような暖かさの中

いかがお過ごしですか??

なぁはビックカメラに行って

ガンプラを購入してきました

逕サ蜒・337_convert_20110426210657



ガンプラ30周年の記念に出来たアニメの

ガンダムです オリジナルなんですよ~

これは以前から購入を考えてたものなんですよ

早速帰宅後 箱を開けました

久しぶりのガンプラ♪

逕サ蜒・338_convert_20110426210743


部品が細かい・・・ なぁに出来るかな~

開けた瞬間不安になってしまいました

何せ久しぶりのガンプラなもんで・・・

余る部品が結構あるんですが・・・

これでよかったのでしょうか??

試行錯誤の末 4時間かけて完成しました

逕サ蜒・339_convert_20110426210821


かっこいいでしょう~  完成品に惚れ惚れしちゃいます

またガンプラにはまりそうです♪

この普通の動きを捉えるようにしたい 

「あ、なるほどな」
「やはり、そういうことね」」

と言いたくなる動きが今日はあります。

/////////////////////
ごく普通のことですが
/////////////////////


KDDIと任天堂の対象的な動きです。


KDDIの2012年3月期の連結業績予想は
営業利益前期比0.7%増の4750億円を見込むと
しています。
2011年3月期実績は営業利益前期比6.3%増の
4719億円1100万円でした。



任天堂の2011年3月期は携帯型ゲーム機
「ニンテンドーDS」の販売落ち込みと円高による
収益圧迫で純利益が66%減少しました。


(前場)
KDDI 537000円 +24000
任天堂  19520円 −810


KDDIについては「震災の影響あまりなし」が
好感されていると考えられます。


任天堂は震災がどうということよりも、「業績悪」です。
投資家の多くは「専用ハードを用意してゲームを
するのではなく、PCやケータイが主流になる」
と本気で思いだしているのではないでしょうか?

DeNA
グリー
は高いです。



KDDIは震災の影響はそれほどでもなしというところが
実は「サプライズ」になったと私は考えています。
それ以上のことを株価は織り込んでいたようです。


思っていたよりもマシ→株価上昇

思っていたよりもダメ→株価下落

これは当然のことですが、
//////////////////
「思っていた通り」
//////////////////
という時はどうなるでしょうか???

脱原発

本日は(一部を除き)全国的に「給料日」です。


先週から今日までの株式市場の動きを見ていて
もっとも
「この変わり身の速さには驚かされる」
と感じたのは


三菱重工
東芝

などの動きです。


なんと!
//////////////////////////////////////////////////////////
「原発関連」と「脱原発関連」は同じということになっています
///////////////////////////////////////////////////////////

「三菱重工」先週の動き
4/18 375 +5
4/19 369 -6
4/20 380 +11
4/21 382 +2
4/22 383 +1

3月11日の終値は358円でしたので、
それより上の位置にいます。


「東芝」先週の動き
4/18 401 -2
4/19 401 ±0
4/20 416 +15
4/21 424 +8
4/22 428 +4

3月11日の終値は491円でしたが、
いつのまにか400円台で推移しています。


この節操のなさには「ちょっとどうよ・・・」とも
思いますが、

///////////////////////////////
でもそれが現実です(株式市場の)
///////////////////////////////


そのつもりでいこうと思います。
それがいいと思います。


株式市場の「常識」とか「流儀」というもの
を見ていかなければ投資家としてやってられないので、
そのつもりでいこうと思います。


増税ですよ 増税・・・

明日から株が再開です。

今週は、企業決算があるのはもちろんですが、
その前に、

・アナリスト予想の変更
・観測報道

などか出ることも多く、それに一喜一憂することになります。


アメリカではFOMCが26〜27日に開催されますが、
会議終了後、バーナンキ議長が会見をします。
ここがこれまでと異なるところです。
当然、6月に終了する「QE2」の後の金融政策が
興味の対象となります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ま、それは言っててもどうもならないことですが・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


どう思いますか?
単純に「これからも緩和姿勢継続」だとプラスで、
「中立スタンスに変更」でマイナスだと思わないほうが
いいかもしれません。

議長が何を言うかなどわかりませんが、
それを受けた相場の動きについて決めつけることは止めましょう。


/////////////////////////////
・大きな交渉まとまるか銘柄
/////////////////////////////
・この夏の本命か銘柄
/////////////////////////////
・すでに上方修正済銘柄
/////////////////////////////
・LED関連としても銘柄
/////////////////////////////
・ペーパレス化進行銘柄
/////////////////////////////
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



さて、「増税」が言われています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【時事通信】
仙谷由人官房副長官は24日午前、
東日本大震災の復興財源について、
「期間限定で所得に対する課税のようなものが望ましい」
と述べ、所得税の増税を検討すべきだとの認識を明らかにした。
視察先の宮城県亘理町で記者団に語った。

仙谷氏は「全国民が連帯し支え合う気持ちで、
期間限定で拠出していただくことが必要だ」と強調。

消費税率を引き上げて財源に充てる案に関しては
「(被災で)生業が消えてしまった人は(税金を負担できる)担税力がない。
払える力のある人が少しずつ分かち合う考え方が重要だ」と述べ、
慎重な考えを示した。

復興財源をめぐっては、政府・民主党内で、国債を発行して確保しつつ、
期間限定で消費税を増税し、償還に充てる案が浮上。
野党各党からは
「福祉目的に限定しないと、国民の理解を得られない」
(石原伸晃自民党幹事長)など、反対の声が上がっている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


形はどうなるかわかりませんが、

/////////////////////////
「増税」ですよ!皆さん!
/////////////////////////

/////////////////////////////
絶対「増税」ですよ!皆さん!
/////////////////////////////



これはますます稼がないといけません。
私はそんな「発想」になります。
ホントです。

なんといいますか・・

あまり「国に何かしてもらおう」と
いう意識がないのです。


///////////////
それは何故か?
///////////////


自分の人生は自分で切り開かなければならないからですっ!!
(こんな優等生のような答えは・・・)
(まぁ、それはそうですけど)


それよりは


「してくれる事などなにもないので」


というものが意識の大半を占めています。


多分あたりだと思います。

だから自分で稼ぎださなければならないと思います。
ピーピー言っている場合ではないと思います。

「増税なら、その分稼ぐ」

これが基本線です。


効率がどうとか言っている内に、何年も過ぎているようでは
いけませんので、
/////////////////////////////////////
ガムシャラな感じをイメージしています
/////////////////////////////////////

だから株の上下には敏感になります。


儲ける
損する
損する
儲ける
トントン
儲ける
損する
トントン
トントン
儲ける
儲ける


これの繰り返しです。
すべてで「儲ける」などありませんので、
テクニックも要求されます。

何年の先のことなどわかりませんので、
目の前の動きについていくことになります。


□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□

    こんな世の中ですが、「金」があればなんとかなります

価値観変化

いろいろ考えるところにきています。


「織り込んだのかそれで」

「織り込んでないのかそれで」


これはホント―に大事なのです

今、多くの人は以下のような頭の中でいます。


・原発事故が収束しなければ厳しい

・電力供給の問題が解決しなければ厳しい


どちらも最後に「厳しい」がつきます。


///////////////////
そりゃあ、そうです
///////////////////

厳しいにきまっています。


「もう少しなんとかできたのではないでしょうか?
 国の初動についても問題があったように思います」

このようなことを言うのが「批評家」「(いわゆる)解説者」です。
みんなが思っていることを
少しだけかしこそうな顔をして、かしこそうな言葉を使い
繰り返すと、なんとなく様になります。



「(上の2つの問題)が片付くまではなかなか動きにくいでしょう。
 そんなに無理をすることもないですので、まぁ・・・」

このようなことを言うのが「株をやったことがないけど株のうんちくを
言う人」です。

「問題が片付くまで動きにくい」
   ↑
なんという能無し予想なのでしょう!?

でも、意外や意外、それに賛同する人も多いのです。
「無理することもない」なんていわれると、
多くの人が「そうそう」と頷いてしまいます。


//////////////////////////////////////
無理もしないでお金が儲かりますかね??
//////////////////////////////////////
(私は私の考えを書いています)

//////////////////////////////////////////////
ビタ一文使うことなくリターンがありますかね??
//////////////////////////////////////////////
(これは「道理」だと思います)



もちろん私にしても
「最悪の事態」については想定しています。



しかし、それはあくまでも「たられば」です。
頭の片隅に置いておくレベルのことです。

それを恐れているだけでは見当はずれになってしまいます。


            ☆


大きなことが起こると
「価値観」に変化が表れます。


この段階でもわかりやすい変化があります。

もちろん個人差のあるものですが、


      「自衛隊」


に対する認識も変化したと思います。

以前、青年期に左翼運動をしていた某政治家が
「暴力装置」などと、こともあろうに国会で
言い放ったことがありますが、
その彼ですら、そんなことを言えなくなったと
思います。



株式市場においても
「価値観」の変化が見られます。


3月14日と15日に
大半の銘柄が大幅安になりましたが、
//////////////////////////////////////////
 それ以降の動きには大きな差があります
//////////////////////////////////////////

こういうことに気付いていかなければならないの
だと思います。

またそんなことを言う人が増えています

もう海外はお休みです。

月曜日も香港、イギリス、ドイツ、フランスなどは
お休みです(アメリカは違いますが)。


やたらと「海外の休場に加え、日本もGWなので」
そして「だから市場は盛り上がらない」のような
解説が聞かれます。


これ半分も当たっていないように思います。


だって、株価が動いてくれば
意地でも投資家は売買してきますよ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::
でも売買高が盛り上がらないから
株価は動かないって考えるんでしょ?
::::::::::::::::::::::::::::::::::


それはわかりませんよ。


決めつけないほうがいいと思いますよ。
売買高が低水準であっても、株価は変動しますよ。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
外国人が○○休暇で売買が低調、見送り(の予想)
       ↓
売買は確かに低調だか、株価の変動は相当あった
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


このようなことを何度も経験していると思います。





ましてや、今のような
「歴史的なタイミング」の時に
命の次に大事な「お金」を市場に投じる者が
はじめから「昼寝」を決め込むなど
考えられないことです。

もし「多数派」がそうなのであれば、
私は必ずその「逆」をすると思います。

/////////
油断禁物
/////////

の意味が込められています。

実際は、GWの時だけでなく365日油断など
していてはいけないわけですが、
GWのように「みんなに引っ張られがちな時」は
それを指摘するようにしています。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「油断」したい人は株などやらないほうがいいかもしれませんよ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(私は私の考えを書いています)


・スローに
・自分のペースで
・長い目で
・少しだけ


このような考えをしている人は・・・

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
////////////////////////////////////////////////////
 だって株式市場(株式投資)って「戦い」ですよ
////////////////////////////////////////////////////
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



本日、ルネサスが工場再開の前倒しを
発表したことに株価が「反応」しました。

:::::::::::::::::::::::::
外国人が休みのはずなのに
:::::::::::::::::::::::::
来週末からGWなのに
:::::::::::::::::::::::::


日経平均は
3円56銭安 9682円21銭
TOPIXは
+0.46 842.18
でした。

ちなみに日経平均の高値と安値は

9732円63銭(高値)
9611円38銭(安値)

です。
///////////////////////////////
100円以上の「差」があります
///////////////////////////////


///////////////////////////////////////////
ほら!それなりに動いているじゃあないですか
///////////////////////////////////////////
(言われていることとちょい違うかもですよ〜)


普通のことを悲観する輩もいるので 

インテル好決算からの時系列は

(昨日の)東京市場
     ↓
(昨日の)アジア市場
     ↓
(昨晩の)ヨーロッパ市場
     ↓
(昨晩の)アメリカ市場

ですので、その好影響も一巡します。

今日の東京市場は安くなったり、伸び悩んだり、
「どうも重いよな」となっても

//////////////////
全く普通のことです
//////////////////

(前場の日経平均は55円85銭高、9662円67銭)
(高値は寄り付き直後の9707円38銭)



何をやっても言っても、ハズしてばかりで
追い詰められた「悲観筋」は

「ローソク足の形が・・・」
「窓が・・・」

さらにはほとんど誰も気にしていないような、
何のことかもわからないような
「分析手法」を持ち出してきますが。

そんなの全然関係ないです。


          ☆


本日の寄り付き前の外資系9社動向は


   株数(9社)  金額(9社)

売り  1440万株  196億円

買い   1620万株  169億円

差引き 180万株の買い越し 

///////////////////////////
2営業日連続の買い越しです
///////////////////////////

こっちのほうが「ヘンテコリンな分析手法」より
大事ですね〜


シャープやイビデンなど/本日の注目個別銘柄

6753 シャープ 743 +5
売り先行から切り返す。一部報道では、米アップルがスマートフォン用中小型パネル
の日本での投資先を東芝に絞り込んだことが明らかになったと伝わっている。平行し
て交渉していた同社は候補から外れたとされており、液晶事業の戦略再構築が急務に
なるとも伝えている。先行き不透明感が先行する形となり、逆行安でのスタートとな
っている。ただ、会社側では、同記事は事実に反する一方的なものであり、記事の撤
回と謝罪を求めるとも発表、徐々に過度な警戒感は後退していく格好に。

4062 イビデン 2562 +146
大幅高。米インテルの1-3月期決算は市場予想を上回り、時間外では約6%の上昇とな
っていることが好感され、同社のほか新光電工などインテル関連の位置付けとなる各
社が強い動き。インテルの1-3月期1株利益は0.59ドルと市場予想を上回ったほか、
4-6月期の売上高見通しは123-133億ドル、EPS予想は0.32-0.35ドルと共に市場予
想を上回る好内容に。昨日は米TIの決算を受けて半導体関連株には警戒感が高まっ
ていた面もあり、買戻しの動きも強まる。

8166 タカキュー 150 +15
出来高急増となり大幅高。目立った材料はないが、短期の値幅取り資金が集中し賑わ
う格好に。震災による影響は懸念されるものの、昨日は一部アパレルメーカーの4月
における春物衣料の売れ行きが前年並みに回復してきたと伝わっていた。例年は3月
がかき入れ時のスーツは前年水準まで回復しているほか、カジュアル衣料なども持ち
直しているもようで、過度な落ち込みに対する警戒感が後退する状況のようだ。ま
た、同社の筆頭株主であるイオンとパルコの業務提携に進展が期待されることへの思
惑も。

1812 鹿島 229 +1
買い先行。前日に業績予想の修正を発表、営業利益は従来の260億円から165億円に下
方修正、一方、最終利益は130億円から260億円に上方修正している。営業益下方修正
の背景は、従来から観測されていたアルジェリアの高速道路建設工事の損失となる。
損失金額などは開示されていないが、短期的な悪材料出尽くしと受け止められる格好
に。最終益の上方修正は、子会社清算に伴う税金費用の減少に伴うもの。UBSでも
悪材料が一定程度織り込まれたとして、投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に
格上げ。なお、アルジェリア関連の損失は300億円強と推計しているもよう。

6506 安川電機 883 +28
しっかり。本日の引け後に決算発表を予定している。発表後のアク抜け期待などが先
行する格好のようだ。前期営業利益は、125億円の従来計画に対して、やや上振れで
の着地が見込まれているもよう。20日締め決算であるため、震災の影響は軽微とみら
れる。今期に関しては、現状230億円程度がコンセンサスのようだが、200億円を下回
る程度の保守的な予想が示されるとの見方になっているようだ。サプライチェーン問
題の影響は残るとも見られている。

8316 三井住友 2457 +16
上値重い。CSが投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へと格下げ
し、目標株価を2990円から2640円へと引き下げたことが嫌気されている。目先はカタ
リストに乏しく、業績も弱含む見通しと指摘している。また、本日は保有する東電株
の大幅下落を受け、11年3月期決算で700億円超を損失処理する方針を固めたとも報じ
られており、ネガティブ材料視される格好に。

2282 日本ハム 1120 +30
反発。野村が投資判断を「ニュートラル」から「バイ」へと格上げし、目標株価を
1250円から1500円へと引き上げたことが好感されている。国内市場での食肉需給のタ
イト化による食肉市況の上昇で、飼料コストの増加もカバーできると指摘。短期業績
のモメンタムは強いうえに、最大の株価変動要因である製品市況は強含むことが予想
され、株価の上昇余地は大きいと評価している。

4507 塩野義 1393 +32
5日ぶり反発。日興SMBCでは医薬品セクターのカバレッジを開始し、同社につい
ては投資判断を「1」、目標株価を1700円としている。高脂血症治療薬「クレストー
ル」、抗うつ剤「サインバルタ」、高血圧治療薬「イルベタン」の主力3品を中心
に、国内医療用医薬品販売の拡大が続くことを評価。クレストール特許切れ後の業績
悪化を乗り越えるチャンスは、十分にあるともコメントしている。

4344 ソースネクスト 20100 +4000
ストップ高。後場取引時間中に、前期業績の上方修正を発表したことが好感されてい
る。営業損益見通しを4.9億円の赤字から4.1億円の赤字へ、最終利益見通しを7100万
円から1.4億円へとそれぞれ大幅に引き上げへ。前期業績には下振れ懸念もあったほ
か、会社側では東日本大震災による売上高減少の影響が限定的としており、買い安心
感へとつながる格好に。

6762 TDK 3890 -90
続落。サムスン電子がHDD事業をシーゲイトに売却すると正式に発表している。17
日に米紙が、サムスン電子のHDD事業売却を伝え、その後同社には警戒感が強まっ
ていた。PBR水準は1倍を割り込む状況となっているが、本日も悪材料出尽くし感
が強まる状況には至らず。GSでは、同社にとってネガティブな場合の影響を試算、
売上高で約600億円、営業利益で200億円を失う可能性としている。

3593 ホギメディ 3280 -75
さえない。前日に3月期の決算を発表している。前期営業利益実績は86億円で前期比
8%増益、従来予想85.1億円を上振れる着地に。一方、今期は69億円で同20%の大幅
減益予想、失望感が先行する状況となっているもよう。被災地域における手術件数の
減少見通しなどが、慎重予想の背景となっているもよう。配当性向を維持すること
で、減益決算が減配にストレートにつながることなどもマイナス視。

8251 パルコ 680 -41
下げ目立つ。筆頭株主の森トラストと第2位のイオンによる経営陣の刷新要求を受け
入れ、社長が退任する人事案を固めたと報じられている。今後は、イオンが要求する
国内外の共同事業などの業務提携を新経営陣のもとで協議するもよう。森トラストは
同社に対する株主提案を取り下げる見込みで、株主総会での委任状争奪戦に発展する
との思惑も後退へ。

7735 スクリーン 724 +14
8日ぶり反発。米インテルが決算発表において、11年12月期通期の設備投資額を引き
上げたことが買い材料視されている。1月時点に発表した従来予想は87-93億ドルであ
ったが、98-106億ドルへと積み増しとなっている。また、これを受け米国市場の時間
外ではアプライドマテリアルズなど、半導体製造装置関連株が強含んでいることも支
援材料に。

6801 東光 182 +12
出来高も膨らみ続伸。低位材料株循環物色の流れの一環とみられる。スマートフォン
向けメタルアロイパワーインダクターの需要拡大期待などが改めてはやされる格好の
ようだ。震災発生後の高値水準172円を上回ったことで、200円レベルまでのマド埋め
の動きが本格化する状況にも。

2284 伊藤ハム 315 +12
出来高伴い続伸。150人程度を募集していた希望退職に289人が応募、今期以降の人件
費縮小などが想定される展開に。また、SMBC日興では、投資判断「1」、目標株
価460円を継続している。業務提携先である米久が決算説明会を開催しており、提携
効果示現など経営改革を進める姿勢が確認できたと評価しているようだ。

5706 三井金属 272 +16
買い優勢。メリルでは投資判断を新規に「買い」、目標株価を400円としている。銅
鉱山・亜鉛精錬、高機能銅箔、車載用リチウムイオン電池正極材料が牽引して、非常
に高い利益成長が見込めるとの評価。今期経常利益予想250億円に対して、15.3期は
590億円を予想している。なお、非鉄市況の上昇も本日は追い風となっている。

5915 駒井ハルテック 240 +16
人気化。風力発電関連の材料株として、短期資金の矛先が向かっているもようだ。前
日には、伊藤忠や住商が世界最大級の風力発電に出資などと伝わり、同関連銘柄の一
角が人気化する状況に、本日は同社などにも波及してきている。過去には、風力発電
機の海外販売を開始などと伝わり人気化した経緯もある。

4901 富士フイルム 2485 +24
しっかり。前期の業績観測報道が伝わっており、買い安心感も先行する状況のもよう
だ。前期営業利益は1350-1400億円程度となり、従来予想1400億円並みの水準を確保
したもようとされている。また、今期も増収増益を目指すとされており、相対的な好
業績見通しが評価される流れにも。

4812 電通国際 541 +30
上げ目立つ。前日に業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来予想の12.8億円から
21.9億円に、最終損益は9.1億円の赤字から1.3億円の赤字に上方修正している。販管
費の抑制効果などが表面化したもよう。第3四半期までの進捗率が低かったこともあ
り、大幅上方修正にはインパクトが強まる格好。なお、PBR水準の割安感などにも
関心向かう形へ。

6641 日新電機 677 +34
強い動き。一部証券紙で注目銘柄に取り上げられており、短期資金の関心が高まる状
況になっているもよう。電力不足解消に向けては、他の電力会社からの融通も視野に
入ってくるとみられるが、その際に不可欠となる周波数変換の関連銘柄として位置づ
けられている。同社は、周波数変換所で使用される特別高圧用フィルターで強みを持
っているようだ。

5444 大和工業 2622 +98
買い優勢。GSでは投資判断を新規に「買い」、目標株価を3250円としており、評価
を高める動きにつながっている。GSでは見過ごされてきた優良株と位置づけへ。強
力なキャッシュフローや高水準のキャッシュ水準、積極的な株主還元、売上基盤の地
域分散の進展などを評価している。復興需要に伴い、日本での見通しも改善に向かっ
ていると。

たいてい「しつこい人」が勝つ(濃)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【毎日新聞】
米格付け会社大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、
米国債格付けの中期的な見通しを示すアウトルックを、
これまでの「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたと発表した。
S&Pが1941年に現行の格付け制度を開始して以来、
米国債の格付け見通しを引き下げたのは初めて。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

またこの手のことで
アメリカ株が安くなったこと、ドルが安くなったことの
影響を受けています。
(でもダウはかなり下げ渋ったんですけどね)

////////////////////////////////////////
格付け機関ってホント邪魔だと感じています
////////////////////////////////////////

リーマン・ショック以降
その存在価値や意義に変化がでたように
思います。


私達個人投資家は従来から
格付け機関など気にせず普通に投資をしています。


仮に格付けを参考に投資をしたところで、
必ず儲かると言うわけではないからです。


機関投資家の中に変化は表れているでしょうか?
(多分同じだと思いますけど)


           ☆



「偏差値がなければ受験ができない」

そんなことないでしょ?
私はそう思いますよ。

願書を出せば試験を受けることができます。


「自分の学力と大学の難易度がわからない」

そんなことないでしょ?
私はそう思いますよ。

だいたいわかってるでしょ。
それに「絶対合格できる」って思える学校は
第一志望じゃないでしょ?「無理じゃないかな」って
思うところが第一志望でしょ?
「無理かな」って思う大学もわかってるでしょ?



          ☆


野村総研のリチャード・クーさんの
「マンデー・ミーティング・メモ」に
今のアメリカの状況を見て・・・


「1997年に日本がIMFの要求を受けて財政再建に
走った時の状況と似ている。
当時の日本は前年のGDP成長率が4.4%とG7の
中で最高となり、景気も上向き始めていた。

しかしその一方で、1995年からほぼゼロ金利状態で
あったにも拘わらず、バブルの崩壊でバランスシートが
傷んだ民間は債務の最小化に走り、不動産価格は下落を
続けていた。

また、市場の声ともいえる10年国債の利回りは
2.3%で、この時点で史上最低の水準であった。
債券市場参加者が日本国債を高く評価していたことを意味する。

ところが当時の大蔵省やIMFが市場の声を無視し、
財政赤字の大きさだけを取り上げて財政再建を推し進めたのである。
このままいけばイタリアと同じになり大変だということが騒がれた。
(ちなみに当時のイタリアの国債利回りは14%)

今の米国は財政赤字はGDP比で9%もあり、
1980年第前半にレーガン政権が計上した6%を超えている。
ところが米国債利回りは当時14%までつけたが、
現在は3.5%しかない。

これはまさに、当時の日本と同様に、
ゼロ金利下でも民間が債務の圧縮に環待っている結果、
運用先がなくなった資金が国債に向かってるからなのである。」


状況はその通りだと思います。


そして、「国の財政」と「各家庭の収支」は
まったく違うものなので、
「家庭の収支」のノリで
「とにかく赤字はダメ」みたいに「国の財政」を
考えることはできないと思います。
(金利の水準が「正解」だと私は思います)


個別銘柄のスポット情報

古野電<6814.OS>
 新高値。15日引け後、今2月期の連結業績予想を発表。純利益は前期比31.0%増の4.5億円を計画。

 東宝<9602.T>
 軟調。15日引け後、今2月期の連結業績予想を発表。営業利益は前期比46.4%減の120億円と大幅減益を予想。映画事業で2ケタの減収を想定。

 国際帝石<1605.T>
 しっかり。大和証は18日付リポートで前11年3月期第3四半期累計の決算が売上高6819億円(前年同期比10.7%増)、営業利益3788億円(同12.8%増)と好調だった理由に原油や天然ガスの価格上昇を挙げ、北海ブレントが依然高値圏にあることから「さらなる(業績)上ブレが期待できよう」と指摘。

 ダイキン<6367.T>
 3日続落。三菱UFJモルガン証が15日付で目標株価は3800円から3200円へ引き下げ。投資判断「アウトパフォーム」(強気)は継続。

 中部飼<2053.T>
 続落。15日引け後、前11年3月期の連結業績予想を下方修正。営業利益は従来予想の25億円が21億円(前々期比45.9%減)に減額され大幅減益となったもよう。

 ネクスト<2120.T>
 大幅高。15日、前11年3月期業績計画の修正を発表、連結営業利益を15.72億円から17.49億円に増額。年間配当(期末一括)も530円から590円に引き上げ。不動産サイト「ホームズ」を展開、販売管理費の削減が寄与。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

東リ 東リの仙台営業所、配送センターが業務再開

 壁や床など内装材トップの東リは15日、東日本大震災で被災した宮城県仙台市にある営業所と仙台配送センターが業務を再開した、と発表した。ただ「いずれの事業所も従前通りの業務に戻るには、しばらく期間を要する」(東リ)としている。



 仙台配送センターは、4月より業務を再開した。建屋が損傷した仙台営業所は、市内青葉区に移転して営業を再開。また、子会社リックの仙台営業所も、東リの新仙台営業所と同じ場所で営業を再開した。



 東リの製品配送は、伊丹、滋賀、関東の3拠点から、地方中核都市に設けられた中継の配送センターに送られ、そこから最終供給先に届けられる仕組みになっている。仙台配送センターは、その中継拠点に当たり、仙台営業所エリアが担当地区となる。


東洋紡が戻り高値、割安感あり火力発電向けフィルターなど注視

東洋紡が戻り高値、割安感あり火力発電向けフィルターなど注視
 東洋紡(3101)は後場もジリ高基調となり、14時にかけて127円(5円高)まで上げて東日本大震災後の戻り相場で高値を更新。終値は124円(2円高)だったものの、来週の相場に期待をつなぐ戻り高値となった。手がかり材料とされたのが「バグフィルター」など。同社ホームページでも、火力発電所などで使用する製品として列記しており、福島第1原発の被災を受けて火力発電所の稼働再開が広がる中で注目されたという。株価はPBRが0.9倍前後のため割安感があり、節電関連の割安銘柄ととらえられているようだ。2011年3月期の決算発表は5月9日を予定。第3四半期開示の段階では、3月決算の予想を営業利益91.8%増とするなど、収益回復が一段と進む見込みとなっている。

個別銘柄のスポット情報

 三井海洋<6269.T>
 頑強。13日、豪石油会社のウッドサイドからTLP(緊張係留式プラットホーム)の基本設計を2基受注したと発表。ウッドサイド社が英豪資源大手BHPビリトンなどと共同保有するブラウズLNG(液化天然ガス)ガス田開発に用いられる予定。

 野村<8604.T>
 安い。クレディスイス証は13日付で投資評価を「強気」から「中立」、目標株価を610円から480円に引き下げた。セクター内での消去法的投資先としての従来評価に変更はないが、大幅な業況改善が見通しづらい状況で株価のリバウンドは短期的と分析。

 リソー教育<4714.T>
 高い。8営業日ぶりに4000円台回復。13日引け後、今2月期の連結業績予想を発表。営業利益は31.18億円(前期比15.7%増)と3期連続で最高益更新を計画。

 郵船<9101.T>
 軟調。三菱UFJモルガン証は13日付で目標株価を460円から370円まで約20%引き下げた。燃料油価格上昇や自動車輸送の減少などを考慮。セクター内では相対的に割安とし投資判断「強気」は継続。

 久光薬<4530.T>
 反落。シティ証は13日付で投資判断を「1M」(買い・中リスク)から「2M」(中立・中リスク)、目標株価を4100円から3500円に引き下げた。

 ユニチャーム<8113.T>
 4日ぶり反発。前11年3月期の連結営業利益が前々期比2%増の460億円程度になったもようと14日付の日本経済新聞が報道。会社側は前場、「当社が発表したものではない」とコメントを発表。報道通りなら4期連続の営業最高益更新。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

個別銘柄のスポット情報

 キヤノン<7751.T>
 堅調。ドイツ証は12日付で投資判断を「中立」から「買い」、目標株価を4230円から5180円に引き上げた。東日本大震災の影響を指摘する一方、生産体制の再整備などによる中・長期的な収益性改善の見通しは株価に反映されていないとの判断。

 DTS<9682.T>
 急落。情報サービス大手。12日引け後、前11年3月期の連結業績予想を下方修正。営業利益を従来予想の33億円から22.6億円(前々期比93.1%増)に減額。第4四半期の金融業などのシステム開発需要が想定を下回った。

 オリエンタルランド(OLC)<4661.T>
 後場上伸。12日引け後、東京ディズニーランドの営業を再開すると発表。4月15日からの運営時間は午前8時から午後6時まで。東京ディズニーシーの早期再開も目指す。

 積水ハウス<1928.T>
 しっかり。バークレイズ証は12日付で投資判断を「中立」から「強気」に引き上げた。目標株価は950円を継続。東日本大震災に伴い短期的な受注の落ち込みリスクがあるものの、中期的には住宅の建設需要が追い風になると予想。

 東洋炭素<5310.T>
 急反発。12日引け後、今5月期第3四半期累計の連結決算を発表。営業利益は43.49億円(前年同期比3.7倍)と大幅増益。特殊黒鉛製品がエレクトロニクス分野向けを中心に増勢し、複合材や一般カーボン製品も伸びた。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

商品価格急落、ゴールドマンのCCCP「買い」推奨打ち切りなどが影響

12日の日経平均株価は前日比164円安となったが、下げを先導したのは石油や鉱業セクター。東証業種別株価指数では鉱業が5.01%安、石油・石炭製品は3.27%安となり値下がり率第1位、第2位となった。

 個別では昭和シェル石油<5002.T>、コスモ石油<5007.T>、東亜石油<5008.T>、AOCホールディングス<5017.T>、出光興産<5019.T>、JXホールディングス<5020.T>、国際石油開発帝石<1605.T>、石油資源開発<1662.T>、住石ホールディングス<1514.T>、関東天然瓦斯開発<1661.T>が大きく下げている。

 下げの最大要因は11日の海外商品市況急落だ。IMF(国際通貨基金)は原油高騰による世界経済の伸び悩みを指摘。過熱しているリスク商品への資金流入の流れが失速しユーロ、豪ドル、金、原油などが反落した。NYMEX(ニューヨーク商業取引所)のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は3.5%の大幅安となり、S&P総合500種のエネルギーセクターは日本の石油セクターほどではなかったものの2%に近い下落を見せている。

 また、米投資銀行ゴールドマン・サックスグループが原油、銅などで構成する商品バスケット「CCCP(原油=Crude oil、銅=Copper、コーン、大豆=Corn and soybean、プラチナ=Platina)」の「買い」推奨を打ち切ったことも手じまいを加速させた。

 では今後も売り優勢の展開は続くのだろうか。実は4月18日は米国の確定申告最終日のため、「税還付金を受けた個人投資家が投信を買うという期待がある」(米系証券)とされ、再度いったんリスク資産に買いが入る可能性は否定できない。

 ただ、2月以降に急騰したWTI原油などは1バレル=110ドルと08年9月以来の高値圏で、利益確定売りを誘発しやすい水準にある。ゴールドマンはリポートにおいて原油価格の5分の1が投機プレミアムと指摘しており、この先も手じまいに走る投資家が増えることは十分ありうる。これはほかのCCCPバスケット商品も似たような状況。価格動向には注意したい。なお、CCCPの構成比は原油40%、銅20%、大豆10%、綿花10%、プラチナ20%。(宮尾克弥)

個別銘柄のスポット情報

ヤマタネ<9305.T>
 大幅高。福島第1原発30キロ圏内でのコメ作付け制限の見通しが伝わり、コメ価格上昇の思惑が向かった。東穀取でのコメ先物取引の復活期待にも絡み。

 日立<6501.T>
 続落。ドイツ証が8日付で投資判断を「Buy」(買い)から「Hold」(中立)、目標株価を550円から420円に引き下げ。

 雪国まいたけ<1378.T>
 反落。8日、前11年3月期の連結業績予想を下方修正。営業利益を従来予想の21億円から14億6100万円(前々期比45.9%減)に引き下げた。

 SUMCO<3436.T>
 年初来高値1685円に迫る。メリル日本証は8日付で電子材料業界のトップピックとし、目標株価を1700円から1900円に引き上げた。投資評価「買い」は継続。

 明光ネット<4668.T>
 しっかり。8日引け後、今8月期の2月中間期連結業績予想の上方修正を発表。営業利益を従来予想の15.93億円から20.04億円(前年同期比13.3%増)に引き上げた。新規事業など先行投資費用の下期以降へのずれ込みや諸経費の効率運用などが押し上げ要因。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

拡大する電力危機、どう乗り切る(2)=LNG利用の火力発電に関心、本命は国際帝石か

拡大する電力危機、どう乗り切る(2)=LNG利用の火力発電に関心、本命は国際帝石か
 東京電力<9501.T>・福島第一原発問題の長期化が懸念され、現実的な代替エネルギーとして火力発電がクローズアップされている。東日本エリアにおける夏場の電力不足を補うべく、すでに火力発電所の稼働再開に向けた動きが出始めている。経済産業省がまとめた電力需給対策案によれば、供給増加策として、東電管内で火力発電所の復旧・立ち上げや、ガスタービンなど緊急電源の新設を挙げている。

 東電では、被災した火力発電所の復旧を急ぐとともに休止中の火力発電所の再稼働を同時に進め、短納期のガスタービン発電設備も新設していく。広野火力発電所(福島県双葉郡)2、4号機、常陸那珂火力発電所(茨城県那珂郡)1号機などで大きな被害を受けたが、鹿島火力発電所(茨城県神栖市)1-6号機(3号機は4月6日から発電再開)、常陸那珂火力発電所1号機などの復旧に取り組み、横須賀火力発電所(神奈川県横須賀市)3、4号機の運転再開などを予定している。なお、大井火力発電所(東京都品川区)3号機は3月13日に復旧済みだ。

 火力発電ニーズがにわかに高まってきたが、発電設備関連はもとより、エネルギー源の確保も重要になる。エネルギー源として、特に注目されているのがLNG(液化天然ガス)である。資源エネルギー庁の「電源開発の概要」などによれば、発電電力量(一般電気事業用)から見た09年度の電源構成比率は、LNG火力の29.4%を筆頭に原子力29.2%、石炭火力24.7%、水力8.1%、石油など火力7.6%。LNG火力のウエートは拡大トレンドにあり、最も関心が高い。

 その背景要因は、LNGの特性にある。LNG利用の火力発電所は、SOx(硫黄酸化物)や煤塵(ばいじん)の発生がなく、窒素酸化物も少ない。地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)は、他の火力発電に比べて低く、環境にやさしい発電といえる。沖縄電力<9511.T>が進める吉の浦火力発電所計画(1号機は12年11月、2号機は13年5月に運転開始)でLNGを採用する一因でもある。北海道電力<9509.T>も3月30日にLNG火力発電所の導入計画(20年代前半に稼働)を発表するなど、中・長期的観点からもLNG化の流れは強まっている。ちなみに、ガスタービンの主力燃料もLNGである。

 個別銘柄では、天然ガス開発で国内最大手の国際石油開発帝石<1605.T>が本命視されている。LNG開発に強みをもつ三井物産<8031.T>も注目度が高い。このほか、ガスタービンの三菱重工業<7011.T>や、LNGプラント最大手の千代田化工建設<6366.T>なども有力候補として浮かび上がってくる。すでに人気化した銘柄が散見されるが、火力発電関連ニュースとともに折りに触れて物色される可能性が高い。

<主な関連銘柄一覧=コード番号順>
・LNG開発:国際石油開発帝石<1605.T>、日本海洋掘削<1606.T>、石油資源開発<1662.T>、関東天然瓦斯開発<1661.T>、伊藤忠商事<8001.T>、丸紅<8002.T>、三井物産<8031.T>、住友商事<8053.T>、三菱商事<8058.T>

・LNGプラント:日揮<1963.T>、東洋エンジニアリング<6330.T>、千代田化工建設<6366.T>

・LNGタンク:石井鉄工所<6362.T>、トーヨーカネツ<6369.T>、三菱重工業<7011.T>、川崎重工業<7012.T>、IHI<7013.T>

・ガスタービン:タクマ<6013.T>、日立造船<7004.T>、三菱重工業<7011.T>、川崎重工業<7012.T>、IHI<7013.T>

・LNG船:日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>、飯野海運<9119.T>

・石炭販売:住石ホールディングス<1514.T>、三井松島産業<1518.T>、日本コークス工業<3315.T>

拡大する電力危機、どう乗り切る(1)=夏場の最需要期には1000万キロワットが不足

東日本巨大地震の発生からまもなく1カ月。実生活も相場も、東京電力<9501.T>に振り回される日々が続いている。相場はしばらく東電の動きに一喜一憂しそうだが、実生活については、安定しつつある。東電が計画停電を4月で打ち切る方針を固めたためだ。すでに3月29日から計画停電は実施されていない。震災で被害を受けた鹿島火力3号機など復旧・運転再開で、電力供給量も徐々に回復しつつある。

 ただ、計画停電が実施されない理由は、気温上昇により、暖房需要が増えないとみられることが要因で、夏季になれば冷房需要で電力使用量が急増する見通しだ。7月末から8月初めごろの真夏は、需要のピークが平年で5500万キロワット。昨年のような猛暑となれば、6000万キロワットが必要とされる。これに対し、東電が見込む供給量は、タイ政府から発電機2基を無償で借り受けるなどしても、5000万キロワットで、最大では差し引き1000万キロワットが不足する。需要が供給量を上回ることになれば、不測の大規模停電を引き起こしかねず、それだけは避けなければならない。

 東電は、大口事業者に対して最大消費電力に限度を設けるほか、小口事業者や、一般家庭では前年比25%カットを目標に節電を求めることで、「計画停電」を回避する計画だが、いずれにしても企業や国民による節電生活は長引くことになりそうだ。電力不足で経済活動が滞れば、それだけ復興・復旧にも時間を要することになる。電気を使わない「脱・東電」の経済活動とは何か。

 電力不足を回避するために考えられるのは、太陽光発電や蓄電池の導入、休眠中の火力発電所の再稼働など。省エネ対策としては、LED(発光ダイオード)照明への移行促進や、個人でできる比較的簡単な節電対策では、クールビズもあるだろう。冷却ジェルシートなども需要が伸びるかもしれない。やや強引な感はあるが、夏季休暇を利用して避暑地で過ごすことも有効な手段だ。一方、サマータイム導入なども検討されているが、制度設計や、導入は容易ではないだろう。

 震災後の復興需要が経済活動の一環として期待されるのと同じく、日本経済を左右する可能性が高い電力不足に直面した今、省エネ関連銘柄は最大の需要期にあるとみる。考えられる対策に、関連した銘柄をあわせて別記したので参考にしてもらいたい。

電卓と友になりました

みなさん こんばんわ☆

天気の悪い中いかがお過ごしですか

なぁはビックカメラに行って来ました

久しぶりの外出になりましたが

用件はしっかりと済ませることが出来ました

アマゾンとの価格比較だったのですが

PS3を購入を考えてるんです

ブルーレイに移行しようと思いまして

録画も出来ちゃうらしくこれは即買いでして

年金が出たらそれを握って買いに行こうと思ってます

欲しいゲームソフトも見つけてきました

電卓片手に計算しております

こんかいDVDとCDを買いすぎちゃったのもあって

かなり悩んでます ましては株のほうは含み損が大きいため

売れないし・・・

悩みがいっぱいです(汗)

きっと買うまで悩み続けるんだろうな~

毎日見るブログ♪

みなさん こんにちわ

かなりのご無沙汰でしたが

いかがお過ごしですか??

なぁは元気に過ごしてましたよ~

診察の先生がまだ戻ってきませんが

悩みは打ち明けられるようになりました

しかし 来週から主治医が戻ってくるんですよ

これで今までとおりになります

なぁには毎日欠かさず見てるブログがあるんです

よ 作者はシアトル在住なんですが有名な人です

しおちゃんって知ってますか?

おかえりって喋るねこなんですよ♪

毎日写真か動画がアップされてるんですよ~

投稿ボタンのあとに書かれてる後書き的な一言が

つぼをつきます(笑)

個別銘柄のスポット情報

ポイント<2685.T>
 前日比変わらずを挟み4日続伸。5日にはシティ証が目標株価を4400円から5200円に引き上げた。

 サンシティ<8910.T>
 連日のストップ高。東北地盤のマンション分譲で復興需要の思惑向かう。

 ドトール日レス<3087.T>
 4日続落。野村証では5日付で投資判断を「Buy」(買い)から「ニュートラル」(中立)に格下げ。東日本大震災の消費影響を指摘。

 大塚HD<4578.T>
 JPモルガン証は5日付で新規「ニュートラル」(中立)、目標株価2300円で格付け。

 イズミヤ<8266.T>
 しっかり。5日引け後、今2月期の連結業績予想を発表。営業利益は前期比18.6%増の45億円を計画。三菱UFJモルガン証は6日付で目標株価を350円から400円に引き上げた。投資判断「中立」は継続。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています

:「2月決算銘柄」が先鞭をつけるだろう 

全体相場の先行きについて「こうだ!」と
決めつけることはしないようにしています。


だから、
現在においても「必ずダメ」とは
決めつけていません。


それにして、
「なーんもなし」ということはあります。


「買うにしても売るにしてもちょっとね」
という意味です。



つまんない相場
気迷い相場



そんな感じです。



とまぁ、これが全般の相場に対するイメージです。
(この時点)


(個別銘柄についてはそうではないですよ)



さて、三月末を通過して新年度に入っているわけですが・・・


昨年の3月末と今年の3月末を比べてみます。


日経平均は −12.0%
TOPIXも−11.2%

です。

NYダウ +13.5%
NASDAQ  +16.0%
S&P500種 +13.4%

さらには

ハンセン指数 +10.8%
韓国総合   +24.4%
SENSEX   +10.9%
FTSE100   +4.0%
DAX    +14.4%
CAC40    +0.4%
RTS     +30.0%

と比べるとため息がでます。
(上海総合は−5.8%です)



「業種」を細かく見ていくと、
プラスになっているものもあります。


建設
繊維
石油・石炭
機械
通信


といったところです。


大幅にマイナスを記録しているのが、


鉄鋼
電機
電気
銀行
証券・商品先物
保険

です。

////////////////////
わかりやすい結果です
////////////////////


「今そうであることはしばらくそうだろう」

そう考えておこうと思います。


個別銘柄のスポット情報

 不二越<6474.T>
 5日前引け後、今11月期第1四半期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比4倍の33.04億円。受注回復や生産増による操業度向上などが奏功。全般安の影響で小幅続落。

 ドンキホーテ<7532.T>
 堅調。JPモルガン証は4日付で震災後も業績好調とし、投資評価「強気」、目標株価3400円を継続。

 カゴメ<2811.T>
 軟調。4日引け後、前11年3月期連結純利益予想を42億円から22億円(前々期29.81億円)に引き下げた。東日本大震災に伴う被害金額約28億円などを特損計上する。

 サンシティ<8910.T>
 前場で400円ストップ高の2267円。連日の大幅高。東北地盤のマンション分譲会社で復興需要思惑から買いが買いを呼ぶパターン。販売中の分譲マンションなどへの震災被害は特になし。

 日医工<4541.OS> 、沢井製薬<4555.T>
 ともにしっかり。メリル日本証は4日付で両社の投資評価を「弱気」から「中立」に格上げ。目標株価は日医工が2300円から2400円、沢井製薬が7400円から8100円に引き上げた。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています

ファーストリテイリングや西松屋チェーンなど/本日の注目個別銘柄

9983 ファーストリテイリング 11050 +360
大幅続伸。先週末に発表したユニクロの3月国内既存店売上高は、前年同月比10.5%
減となった。一時休業の影響のほか、地震直後の週末に消費者が外出を控えたことが
客数の落ち込みにつながり前年割れは2カ月連続。震災により1週間以上営業できなか
った37店を加えると15%減程度と推察されているが、ほぼ想定線の内容と受け止めら
れているようだ。また、CSでは中長期的な買い場と指摘し投資判断「ニュートラ
ル」から「アウトパフォーム」へ格上げし目標株価を1万2500円としているほか、U
BSも投資判断を「ニュートラル」から「バイ」へと格上げへ。

7545 西松屋チェーン 706 +45
上げ幅広げる。好業績見通しの発表、並びに、自社株買いの実施を発表している。前
2月期実績に関しては、ほぼ従来計画線上での着地となっている。一方、今期は2ケタ
の増収営業増益見通しに。全般的に震災の企業収益に対する影響が強く懸念されてき
ているなか、四季報予想を上回る収益予想にはポジティブなサプライズも。また、発
行済み株式数の0.74%に当たる50万株を上限に自己株式の取得を実施、取得期間は明
日より15日までとしている。

6135 牧野フライス 731 +37
大幅反発。GSが投資判断を「中立」から「買い」へと引き上げたことが買い材料視
されている。11年3月期決算や、自動車設備投資の回復を背景とした工作機械月次受
注の増大をポジティブ・カタリストとして想定。国内自動車生産の減速懸念を背景に
大幅に株価が下落している同業他社と比較すると、ファンダメンタルズに大きく影響
を与えるようなサプライ・チェーンのボトルネックなどは見当たらないとコメントし
ている。なお、目標株価については850円を継続へ。

7541 メガネトップ 800 +20
しっかり。先週末に発表した月次動向が評価材料にもつながっている。3月の既存店
売上高は前年同月比で7.5%増、3ヶ月連続でのプラス成長となっている。震災の影響
で大きく売上を落とす小売り企業が多いなか、相対的な底堅い売上動向を評価する動
きが優勢に。バークレイズでは先週、震災後の売上高が相対的に良いとみられる理由
として、中部地域以西の売上構成比が高い点、関東圏で都市・都市周縁部に住む中高
年層の潜在ニーズの強さがあると推察しているようだ。

6788 日本トリム 2280 +280
大幅反発。一部で、同社が家庭用整水器で処理した水道水の分析を第三者機関に依頼
したところ、ヨウ素の除去効果を示すデーターが得られたことがわかったと報じられ
ている。福島県いわき市の原水に150ベクレルのヨウ素131が検出されたが、同社整水
器を使用したところ、ヨウ素131は検出されなかったと。大容量の活性炭が使用され
ているもようだが、会社側では放射性物質に対し一定の除去能があるとは考えられる
ものの、あくまで1件で確認できたものとコメントしている。


1916 日成ビルド 220 +36
大幅続伸。出来高は震災発生直後のピーク水準を上回ってきている。国土交通相で
は、被災者向け仮設住宅について、今後5ヶ月で6万戸を供給するように指示したと伝
わっている。2ヶ月で3万戸の供給を要請していたが、増加を要請する格好となる。プ
レハブ建築で強みを持つ同社の活躍余地が広がるとの見方。なお、同報道を受け、同
社のほかエスバイエルや丸紅建材リース、中央ビルトなどが買われている。


7013 IHI 210 +8
強い動き。産業用圧縮機で世界最大手であるスウェーデンのアトラスコプコと、産業
用圧縮機の販売事業で提携すると報じられている。産業用圧縮機は生産設備の動力源
や塗料の吹きつけに使うなど、多様な用途で採用されているもよう。提携をきっかけ
に、圧縮機事業の売上高を2014年までに現在の倍となる500億円まで高める方針で、
シナジー効果の発揮に期待感が先行へ。

8088 岩谷産業 296 +21
大幅反発。カセットコンロやガスボンベのフル生産体制に入ったと報じられている。
東日本大震災の影響により被災地で需要が高まっているほか、計画停電頻発の関東地
方でも品薄感が強まっているようだ。4月のコンロの出荷量は前年同月比4倍に、ガス
ボンベは同1.5倍に増やすとされている。株価の値頃感も強く、震災復興関連の一角
として短期資金の関心が高まる格好に。

6146 ディスコ 5870 +170
買い優勢。先週末には、1-3月期の単独売上高を発表している。前年同期比23%増、
前四半期比20%増の210億円となっている。4-6月期も1-3月期並みの推移が続くとみ
られるようであり、震災発生で全般的な業績下振れ懸念が強まる状況下、ストレート
に好業績評価の動きにつながっているようだ。海外企業の投資拡大が売上拡大の主因
となっているもよう。

3333 あさひ 1466 +16
しっかり。後場取引時間中に発表した3月の既存店売上高は、前年同月比45.6%増と
大幅な増加となったことが好材料視されている。前月についても同26.8%増と好内容
となっていたが、3月は東日本大震災の発生によって自転車販売台数が押し上げられ
たともみられ、引き続き、好調が継続する格好に。なお、本日は本決算の発表も予定
されている。

3099 三越伊勢丹 766 +3
堅調。先週末には3月の月次動向を発表している。既存店売上高は、伊勢丹が前年同
月比23.5%減、三越が同22.8%減のもよう。ただ、震災後の株価下落によって、当面
の販売低迷などは十分に織り込まれたと捉えられている。週を追うごとに、落ち込み
幅は縮まる状況でもあるようだ。シティでは、自然災害による株価下落は投資の好機
と捉えている。

6758 ソニー 2640 -32
売り先行。GSでは、投資判断を「買い」から「中立」に格下げしている。目標株価
も3100円から2700円に引き下げへ。民生用エレクトロニクス業界における震災の影響
としては、相対的に直接的影響が大きいだけでなく、間接的な影響も大きい可能性と
みている。半導体の外部依存度が大きく、ボトルネックによる機会損失も見込まれる
と。ほか、足元の液晶テレビ需要の低迷深刻化もマイナス視へ。

8830 住友不動産 1633 -57
さえない。UBSでは、投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ、目標株
価も2200円から1800円に引き下げている。相対的な割安感の乏しさから、大手4社の
中では同社のみを格下げしているようだ。また、CSでは、同社の投資判断は「アウ
トパフォーム」継続としているものの、震災による業績への影響を考慮、不動産セク
ターの評価は「マーケットウェイト」に格下げへ。

4188 三菱ケミカル 525 -3
もみ合い。週末の報道では、東日本大震災の被害が大きかったと見られる企業として
取り上げられている。鹿島事業所は操業再開まで最短でも2ヶ月以上掛かる見通しと
されているほか、震災前の稼動水準に戻るには更に数ヶ月掛かる可能性と。ただ、被
害の大きさに対する懸念は、すでに株価には反映されていると見られるほか、昨日の
報道では、印刷できる太陽電池を来年夏メドに商品化と伝わっており、期待材料にも
つながる格好へ。

5214 日電硝 1138 -26
さえない。ドイツ証券が投資判断を「バイ」から「ホールド」へと格下げし、目標株
価を1400円から1200円へと引き下げたことが嫌気されている。液晶ガラスの薄型化に
伴うコストが予想以上に増加していることから、11年3月期営業利益は1160億円前後
に留まったもようと指摘。また、バリュエーションはセクター内で低位だが、太陽電
池ガラスや新興国向け板ガラスなどの高成長分野を持つ同業他社と比べ成長余力に乏
しいとも。

7581 サイゼリヤ 1219 -68
下げ目立つ。週末には3月の月次動向が発表されている。既存店売上高は前年同月比
11.2%減、2月の同7.3%減、1月の同13.0%減との比較では、大きな落ち込みとなっ
ていないものの、地震被害で休業した店舗は既存店データに含まれていないもようで
あり、アク抜け感などが高まる状況には至らず。なお、丸三ではレーティングを
「3」から「4」に引き下げ、中止とするとしている。「サイゼリヤ農場」からの出
荷停止による利益率の低下なども警戒と。

6674 GSユアサ 528 -29
下げ目立つ。GSが投資判断を「中立」から「売り」へと格下げし、目標株価を650
円から510円へと引き下げたことが嫌気されている。格下げの理由として、車載用リ
チウムイオン電池における中期的な競争力低下懸念を指摘。今後は生産数量拡大によ
るコスト削減が勝ち組の条件と考えられるなかで、同社のバランスシートの弱さが足
かせとなる可能性とも。

7224 新明和 327 -15
大幅続落。今期営業利益見通しを27億円から11億円へ、最終損益見通しを10億円の黒
字から22億円の赤字へそれぞれ下方修正したことが嫌気されている。足元において
は、主力である特装車などの需要が伸び悩み。また、大震災発生に伴い生産や納入計
画に大幅な遅れが生じているもようで、想定以上の下振れにネガティブなインパクト
が強まる状況に。

6503 三菱電機 953 -23
売り先行。GSでは投資判断を「中立」から「売り」に格下げ、ネガティブなインパ
クトが強まる格好のようだ。比較的、アナリストの評価が高い銘柄であり、売り推奨
レーティングはこれまで観測されていなかった。地震の間接的な影響は想定されるな
か、株価が比較的高止まりしており、今後の相対パフォーマンスは低調になる可能性
があると指摘。目標株価は1100円から860円に引き下げ。


東電は復活できるか? 直面する経営危機(2)

<巨額の損害賠償金が発生?>

 原子力事業者には事故の際の損害賠償を定めた「原子力損害賠償法(原賠法)」があり、第3条1項に「原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変または社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りではない」と定められている。

 同法では、原子力事業者に対して、損害保険会社との間で原子力損害賠償保険へ加入し、国との間で原子力損害賠償補償契約を結ぶなどの損害賠償措置を講ずることを義務づけている。これらの契約に基づく損害賠償額の上限は、通常の商業規模の原子炉の場合には1200億円と定められている。

 今回の事故の損害賠償金額がどの程度になるのかは、わが国で唯一の原賠法に基づく損害賠償が行われた東海村臨界事故のケースから推計しかない。東海村臨界事故では、損害賠償は避難指示が出た住民40世帯強(1世帯4人家族と想定した場合、180人程度)や農家に対する農産物補償で合計約700件の補償対象に約150億円が支払われた。

 これを今回の東京電力<9501.T>福島原発にあてはめると、避難指示が出ているのは、半径20km以内の世帯で約8万人。避難人数ベースでは東海村の約450倍の約6.7兆円に、約8万人を補償対象と置き直した場合には、約1.7兆円となる。

 東海村のケースでは、約150億円の賠償金を保険会社が10億円、残り約140億円をJCOが支払い、政府負担はなかった。事業者の過失度合いにより、保険金の支払い額が変わるため、今回の東電に対しても、どの程度の保険金が支払われるかは定かではない。

 一部報道によれば、政府は今回のケースでは原賠法の「ただし、その損害が異常に巨大な天災地変または社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りではない」という例外規定を適用する方向で検討に入ったという。しかし、東電がまったく賠償責任を負わないということは考えづらい。

<国有化の可能性は?>

 東電は11年3月期第3四半期末(10年12月)の連結ベースで有利子負債が7兆4641億円もの巨額に達している。そのうち社債が5兆1747億円で70%近くを占める。今期から12年3月期にかけて約5200億円の償還が控えている。

 スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)は18日、長期会社格付けを「AA-」から「A+」、短期会社格付けを「A-1+」から「A-1」にそれぞれ1段階引き下げ。クレジットウオッチは格下げ方向を継続した。ムーディーズ・インベスターズ・ジャパンも同日、長期発行体格付けを「Aa2」から「A1」に2段階引き下げ、格下げ方向での見直しを継続するとした。今後、同社が社債などで資金調達をするにしても、発行レートの上昇を免れることはできないだろう。

 メガバンクを中心に同社に対して緊急融資2兆円が実施される。しかし、これとても“焼け石に水”だ。必要とする資金は巨額な一方で、資金調達金利は上昇、今回の事故により収益が激減、財務内容は大幅に悪化する。そこに“東電国有化説”の根拠が垣間見える。

 「福島原発もしくは原発全体の事業を切り離して国有化する」というのが、まことしやかにささやかれる東電の会社分割による国有化案。国有化されるのか、公的資金を注入するのか、いずれにしても国の資金が投入されなければ、東電の復活は覚束ない。(鈴木 透)

東電は復活できるか? 直面する経営危機(1)

「危機突破の総仕上げに向けて」。これは東京電力<9501.T>が10年度経営計画の柱として打ち出したキャッチフレーズ。その10年度の終了も間近い3月11日、マグニチュード9.0という巨大地震が発生。同社の福島原子力発電所も被災し、原子力発電事故を引き起こした。はたして東電は復活できるのか?

<想定外だった大津波>

 07年7月の新潟県中越沖地震により、同社の柏崎刈羽原子力発電所が被災。同社はこの経験を踏まえて、「災害に強い原子力発電所の構築」を進めてきたはずだった。10年度計画の中にも、今回被災し原子力事故を起こしている福島原発について、「福島第一および第二原子力発電所においても、『基準地震動』に基づく耐震安全性の評価を踏まえ、必要な耐震強化工事を行うとともに、柏崎刈羽における知見を反映した対策を着実に実施します」とうたっている。実際に、福島原発でも緊急時の対応のため免震機能を備えた建物(免震重要棟)が昨年6月に竣工している。

 東北地方太平洋沖地震に対しては、原子炉建屋も免震重要棟も耐えたものの、「想定していた以上の津波発生」(広報部)により、日本の原子力発電史上最悪の事故につながった。

<福島第1原発7、8号機、東通1、2号機の行方>

 同社には今後、福島原発の事故で巨額の処理費用が発生することに加え、今回の事故により、大幅に減少した電力供給量を回復するための代替発電施設の問題も重くのしかかる。代替電力を確保するには長い年月と費用がかかる。

 そして、何よりも国内電力の3割を賄っている原子力発電に対する信頼性が崩壊したことは大きい。東電でも、今回被災した福島第一原発で16年10月に7号機、17年10月に8号機が運転を開始する計画だった。さらに、青森県東通村に17年3月に東通1号機、20年度以降に2号機の運転開始を計画している。この4機の合計で553万kWの電力供給を計画している。しかし、今回の事故により新たな原子力発電所の建設・運転開始には、相当な困難が伴うだろう。場合によっては、計画が中止になる可能性もある。

 また、既存の原発への安全対策も課題になる。その費用は膨大だ。中部電力<9502.T>は東海地震を想定して浜岡原発の耐震対策を行った場合、1、2号機で3000億円の費用が必要として、1、2号機を廃炉にしている。

 これら電力供給量を回復するために必要となるであろう巨額な費用に加え、今回の事故に対する損害賠償問題が経営を圧迫するのは間違いなかろう。

個別銘柄のひと口情報

LTT<4566.T>(監理)
 下落。3月31日、東証から4月1日付で監理銘柄(確認中)に指定される見込みと発表。上場廃止懸念が高まった。「合併等による実質的存続性の喪失に係わる猶予期間」の解除に要する所定の審査申請が間に合わなかった。現時点で審査申請のメドが立っていないとしている。

 デックス<4794.T>(整理)
 ストップ安となり年初来安値更新。3月31日、同社株が5月1日付で上場廃止になると発表。期限までに時価総額が上場維持基準の3億円に達しなかったため。

 UTHD<2146.OS>
 下落。3月31日、前11年3月期業績予想の修正を発表。連結経常利益は16億1000万円から12億9000万円(前々期比7倍)に引き下げ。東日本大震災を受けた取引先での生産停止が響き、一部の収益が来期以降にずれ込む。最終年度の16年3月期に経常利益90億円を目指す新中期5カ年計画も発表した。

 ジパングHD<2684.OS>
 軟調。3月31日、筆頭株主のブルパレスコーポレーション(非上場)による株式売り出しの中止を発表。最大45万株の計画に対して12万2747株までの売り出しにとどまる見通し。

 ぐるなび<2440.T>
 3日続落。JPモルガン証が1日付リポートで投資判断を「オーバーウエート」(強気)から「ニュートラル」(中立)に、目標株価を1500円から1100円に引き下げ。中期的に苦しい経営環境に陥ると予想。目先的には節電のための飲食店の営業時間短縮などマイナス材料も指摘。

 DAC<4281.OS>
 しっかり。1日午前、アプリ解析ツールの米ロカリティクス社と提携し、クラウド型の高機能携帯端末向けアプリ解析サービスを日本で独占提供すると発表。また同日、子会社がロシア拠点の広告技術・クラウドサービス会社と合弁会社を設立し、日本と中国で事業展開していくことも開示。

 コネクトHD<3647.T>
 反発。3月31日、オゾンネットワーク(非上場)から、「SHIBUYA109」のテナントなどで小売業を展開する「SBY」事業を取得すると発表。譲受価額は2億5000万円。「SBY」のEコマースサイトなどを強化し、相乗効果を高めていく。

 DDS<3782.T>
 ストップ高。東証が3月31日付で、債務超過解消を受け、上場廃止基準による猶予期間入り銘柄から解除。同日に有価証券報告書を東海財務局に提出していた。

 ☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > 2011年04月
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > 2011年04月
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事