FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・前引け】日経平均は3営業日ぶり反落、欧州債務問題や円高が嫌気され全面安に

連休明けとなる20日午前の東京株式市場は3営業日ぶり反落。日経平均株価は前週末終値に比べ124円42銭安い8739円74銭、TOPIXは同11.71ポイント安の756.42ポイントで引けた。前日の欧米株式市場はギリシャ債務問題再燃を受けて全面安に、対ユーロでの為替円高も重しとなり、東京市場でも主力株が軒並み売られる展開となっている。東証1部の出来高は概算で6億4201万株、売買代金は4227億円と引き続き低調気味だ。

 前週末に開かれた欧州の財務相会合では具体的な進展がなく、海外市場ではギリシャのデフォルト(債務不履行)リスクへの懸念が再び高まった。これを受けて前日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダック、S&P500の主要3指標がそろって反落。欧州、アジアの主要指数も全面安となった。

 こうした流れを受け継いで、本日の東京市場は100円安で寄り付いてスタート。朝方の外国証券経由の注文動向は、売りが860万株に対して、買いが1580万株と差し引き720万株、2営業日連続の買い越しだったが、自動車、電機などの輸出関連株だけでなく、内需関連も含めた幅広い銘柄に売りが先行。9時22分には140円近くまで下げ幅を広げる場面もあった。

 東証33業種別では、紙・パルプ、食品の2業種を除く31業種が下落。下落率トップは海運でマイナス4.67%の下げ幅。これに保険、証券、非鉄金属、石油が続いた。上昇率トップの紙・パルプは一部証券会社がセクター別の投資判断を引き上げており、これが買いを誘ったもようだ。

 個別株では、京セラ、ホンダ、キヤノン、ソニー、任天堂など輸出関連の主力株が軒並み安。ファーストリテイリング、コナミ、ソフトバンクといった内需関連でも幅広い銘柄が売られた。一方、スズキが独VWによるTOBの思惑買いから続伸。ディフェンシブであることが好感されJTが買いを集めたほか、エービーシー・マートも円高メリットを背景に上昇している。

 後場にかけてのポイントは、引き続き為替や先物の動向。アジア市場の動きも要注目だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・前引け】日経平均は3営業日ぶり反落、欧州債務問題や円高が嫌気され全面安に経済・株 > 【株式・前引け】日経平均は3営業日ぶり反落、欧州債務問題や円高が嫌気され全面安に
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・前引け】日経平均は3営業日ぶり反落、欧州債務問題や円高が嫌気され全面安に経済・株 > 【株式・前引け】日経平均は3営業日ぶり反落、欧州債務問題や円高が嫌気され全面安に
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。