FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・大引け】日経平均は180円安、米株安受けて年初来安値を試す展開に

22日の東京株式市場は、前日の欧米株の大幅安に続きアジア株も軒並み下げたことを受け、後場は下げ幅を拡大、9月14日以来の8600円割れで引けた。大引けの日経平均株価は前日比180円90銭安の8560円26銭、TOPIXは同12.59ポイント安の744.54。東証1部の売買高は概算で17億0407万株、売買代金は1兆2098億円と低調だった。
 
 この日の東京市場は、前日のNYダウが283ドル82セント安など欧米株が大幅安だったことを引き継ぎ、98円安と大きく下げて寄り付いた。その後、先物で大口の売りが断続的に入るなどジリジリと値を下げ、前引けは142円84銭安。

 昼のバスケット取引は239億円が成立、「売り決め優勢」と伝えられた。前場中に開いたアジア市場も香港ハンセンで一時5%下げるなど軒並み大幅安の展開。さらに、ユーロ・円は一時103円台に入るなどユーロ安・円高に推移したことを受け、売りが膨らみ下げ幅を拡大した。

 市場では、米FOMC(連邦公開市場委員会)が追加緩和策として打ち出した「ツイスト・オペ」には、「想定通りで、米国景気の浮揚効果は限定的」(大手証券)との見方が大勢、材料出尽くし感から米国の景気減速懸念が改めて意識される展開に。これがマーケットの重しとなり、輸出関連など主力株がそろって値を下げた。「8600円割れの水準では、断続的に日銀によるETF買いが入っている」(同)と見られるが、買い材料はほとんどなく上値が重い状況。今後は9月14日に付けた年初来安値8518円を試す場面も予想される。

 東証1部の値上がり銘柄数は392(23.5%)に対し、値下がり銘柄数は1175(70.4%)で、変わらずは98(5.8%)。

 業種別では、東証33業種のうち値上がりしたのが8業種、水産(1.68%上昇)、紙パルプ(1.54%上昇)、陸運(0.88%上昇)などが高い。一方、値下がりは25業種で鉱業(4.77%下落)、証券(4.13%下落)、情報サービス(3.47%下落)などの下げがきつい。

 この日最も下げたのがソフトバンクで320円安、12.29%下落、売買代金でもトップとなった。米アップルのスマートフォン「アイフォーン5」の日本での販売をKDDIが行うとの一部報道を受け、これまで独占販売してきた同社に売りが集中した格好だ。

 来週へ向けての市場の関心は、引き続き米国景気減速懸念と欧州財政問題。特に、欧州の財政危機の火種は残ったままで、22日にはワシントンで開かれるG20(20カ国財務相・中央銀行総裁会議)で、BRICsなど新興国から欧州支援への具体策が引き出せるかが焦点となろう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は180円安、米株安受けて年初来安値を試す展開に経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は180円安、米株安受けて年初来安値を試す展開に
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は180円安、米株安受けて年初来安値を試す展開に経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は180円安、米株安受けて年初来安値を試す展開に
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。