FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・大引け】日経平均は反発も閑散相場の中、上昇一服後は高値圏でモミ合い。売買代金は年内最低水準に

週明け17日の東京株式市場は反発。日経平均株価は前日終値比131円64銭高の8879円60銭で引けた。TOPIXも同13.07ポイント高の761.88。東証1部の出来高は概算で14億5314万株、売買代金は8916億円と低調だった。欧米株価の反発を受けて東京市場でも売りは一巡したが、積極的な買い材料も乏しく、売買代金は6月13日の9001億円を4カ月ぶりに下回り、今年最低の水準となった。

 本日の東京市場は、日中の値幅が55円と小さく、膠着感の強い相場展開となった。前週末の米国株式市場は、事前予想を上回る経済指標の良好さや、好調な企業決算からNYダウが反発。ナスダック、S&P500もそろって上昇した。また、G20財務相・中央銀行総裁会議で、各国の取り組みが前進するとの期待も高まり、欧州株も全面高となった。

 これを受けて、東京市場の前場は幅広い業種で買いが先行。日経平均は前日比133円48銭高の8881円44銭で寄り付いた。ただ、その後は買い進む材料に乏しく、下値不安もない一方で上値の重さが目立ち、前引けは133円46銭。アジア株高という支援材料もあったが、後場に入っても高値圏でのモミ合いが続いた。

 東証33業種中で上昇したのは30業種。上昇率トップは、今後のマンション販売増期待を受けた不動産の3.57%。以下、証券、鉱業、非鉄金属が続いた。下落は3業種で、下落率ワーストはオリンパス下落の影響を受けた精密の2.67%。水産、小売りがそれに続いた。

 個別でも、業績予想の上方修正を発表した日神不動産やレオパレス21、長谷工コーポレーションなどの不動産株が高値圏を維持。そのほか京セラ、ソニー、任天堂、ホンダ、TDKなどが上昇。ファナック、ファーストリテイリングなども堅調な動きとなった。

 一方で、社長退任による混乱が懸念されるオリンパスは、24%下落の1555円と年初来安値を更新。株式売り出しを発表した明光ネットワークジャパンも前場から底ばいの動きが続いた。そのほか、TSIホールディングスは業績下方修正が嫌気され下落、エス・バイ・エルや太平洋セメントなども下げた。

 今週は米国で金融機関、アップルやインテルなど主要企業の決算発表を控える。さらには米国の住宅関連指標、中国7~9月期GDPなど重要指標も注目される。ただ、国内に目を向けると、積極的な買い材料は見当たらない。海外投資家による売り越しが一巡したとの見方もある一方、タイ大洪水による自動車産業を中心とするサプライチェーン問題なども含め、今月下旬にピークを迎える決算発表では下方修正の懸念も出ている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は反発も閑散相場の中、上昇一服後は高値圏でモミ合い。売買代金は年内最低水準に経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は反発も閑散相場の中、上昇一服後は高値圏でモミ合い。売買代金は年内最低水準に
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は反発も閑散相場の中、上昇一服後は高値圏でモミ合い。売買代金は年内最低水準に経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は反発も閑散相場の中、上昇一服後は高値圏でモミ合い。売買代金は年内最低水準に
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。