FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・前引け】日経平均は小幅反落、米国株安で79円97銭安

20日前場の東京株式市場は小幅反落。日経平均株価は前日終値比79円97銭安の8692円57銭で前場の取引を終えた。TOPIXも同5.98ポイント安の745.51。東証1部の出来高は概算で5億9477万株、売買代金は3621億円と前日に続き低調だった。

 前日19日の米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)が発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で企業の景気見通しについて「全般的に不確かになっている」としたことから、市場では景気の先行きに対する懸念が広がり、売り優勢の展開となった。NYダウは72ドル43セント安の1万1504ドル62セントと反落。またアップルがこの日も大幅に値を下げたことからIT関連株に売りが広がり、ナスダック総合は53.39ポイント安の2604.04に下落、S&P500も下落した。欧州市場は英、独、仏、スペイン、スイスなどが上昇した一方で、スウェーデンは小幅安だった。

 こうした流れを受けた本日の東京市場では、寄り付き前の外国系証券経由の注文動向が、売り1130万株、買い1200万株で差し引き70万株の小幅買い越し、2営業日ぶりの買い越しとなった。しかし、前日の米国株安を受けて、幅広い業種で売りが先行。日経平均は前日比38円安の8733円60銭で寄り付いた。その後モミ合う展開が続いたが、10時50分に8688円38銭の安値を付けた後、やや値を戻して引けた。

 業種別では、東証33業種中、上昇はわずか4業種。上昇率トップは空運の3.36%、次いで電気・ガス、情報通信、銀行。下落は29業種で、下落率ワーストは精密2.44%。次いで鉄鋼、非鉄、機械などと続いた。東証1部上場銘柄のうち値上がりは351、値下がりは1129、変わらずは159だった。

 東証1部の個別銘柄では、値上がり率トップは東京電力で11.16%上昇。また前日に第2四半期業績の上方修正を発表したスクロール、フジ住宅なども上位に並んだ。一方、値下がり率上位には愛知時計電機がマイナス6.50%、日本電産がマイナス6.25%、岡村製作所マイナス6.01%、さらに日本配合飼料、小森コーポレーションなどが続いた。売買高上位は昨日に続いて、ランドがトップ。2位は東京電力。売買代金では、こちらも昨日に続きオリンパスがトップだった。また本日、JASDAQ市場に新規上場のシンバイオ製薬は公募価格560円を110円下回る450円で初値を付けている。

 後場はアジア市場と為替動向に引き続き注目。日本市場に遅れて始まったアジア市場は軒並み安。為替は対ドルで1ドル=76円70銭台、対ユーロで1ユーロ=105円台後半での推移が続いている。出来高と売買代金の回復が注目されるが、今週末のユーロ首脳会談をにらみ様子見の展開となりそうだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・前引け】日経平均は小幅反落、米国株安で79円97銭安経済・株 > 【株式・前引け】日経平均は小幅反落、米国株安で79円97銭安
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・前引け】日経平均は小幅反落、米国株安で79円97銭安経済・株 > 【株式・前引け】日経平均は小幅反落、米国株安で79円97銭安
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。