FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・大引け】日経平均は5営業日ぶり8800円台を回復。アジア株高受け、後場に上げ幅拡大

週明け24日の東京株式市場は反発。アジア市場が軒並み高で推移していることが追い風となり、後場に入って上げ幅を拡大した。日経平均株価は前週末比165円09銭高の8843円98銭、TOPIXは同11.23ポイント高の755.44と、3営業日ぶりに大幅反発した。引け値では10月17日以来となる8800円台を回復した。

 東証1部の出来高は、概算で13億3938万株、売買代金は8451億円と、こちらも後場は若干盛り返した形。だが、前場の極度の薄商いを補いきれず、1日を通しての売買代金は6営業日連続で1兆円を割り込んだ。

 本日の東京市場前場は、前週末の欧米株高を受け、日経平均が前週末比86円高で寄り付いた。その後も、前週末まで続落した反動や、政府による為替介入を警戒して円高が一服していることなどが支援材料となり、119円高で前引けを迎えた。

 東京市場より遅れて始まったアジア市場は、HSBCが発表した10月の中国購買担当者景気指数(PMI)速報値が51.1と、4カ月ぶりに50の大台を上回ったことなどから、総じて高値圏での商いが続いており、買い安心感につながった。昼のバスケット取引は249億円の成立で、売り買い均衡と伝えられた。

 こうした流れを受け、東京市場の後場は日経平均が前週末比135円高と、前引けよりも上げ幅を広げて寄り付いた。中国PMIの上昇やEU首脳会議で欧州債務問題の解決に向けた動きが大筋合意されるなど、世界景気の先行き不透明感が多少なりとも後退したことが好感され、終始高値圏で推移した。

 業種別では、東証33業種中、31業種が上昇。ゴム製品、非鉄金属、機械などの上昇率が目立った。値下がりは精密機器、医薬品の2業種のみ。東証1部の値上がり銘柄数は1283(全体の77.1%)、値下がりは274(同16.4%)、変わらずが105(同6.3%)だった。

 個別銘柄では、サクラダが2円の値上がりで上昇率のトップ。タイの洪水で国内企業の受注が拡大するとの思惑からツガミも買われた。米電子部品大手シーゲイト・テクノロジーの7~9月期決算が市場予想を上回ったことから、HDD関連のTDKなども上昇率の上位に入った。一方、下落率のトップは、社長解任をめぐる混乱が続いているオリンパス(下落率10.7%)。外資系証券が投資判断を引き下げた東邦ガス、パラマウントベッドなどが、これに続いた。

 5営業日ぶりに終値ベースで日経平均が8800円台を回復したものの、市場エネルギーは依然として乏しい状態が続いている。7月8日の直近高値(1万0137円)から9月26日の直近安値(8374円)まで、1763円の下落に対する自律反発のメドは9047円。市場関係者からは、「9000円に近づけば、売り物も出てくるのではないか」(大手証券)といった声も聞かれた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は5営業日ぶり8800円台を回復。アジア株高受け、後場に上げ幅拡大経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は5営業日ぶり8800円台を回復。アジア株高受け、後場に上げ幅拡大
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均は5営業日ぶり8800円台を回復。アジア株高受け、後場に上げ幅拡大経済・株 > 【株式・大引け】日経平均は5営業日ぶり8800円台を回復。アジア株高受け、後場に上げ幅拡大
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。