FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・大引け】日経平均続落。欧州債務不安再燃に伴う欧米株安と円ジリ高受け、後場に下げ足早める

1日の東京株式市場は続落。日経平均株価は前日終値比152円87銭安の8835円52銭、TOPIXは同9.56ポイント安の754.50で引けた。東証1部の出来高は概算で14億6678万株、売買代金は1兆0561億円。前日は出来高に多少厚みが出たが、様子見ムードの中、出来高は再び低水準に逆戻りとなった。

 前日の欧米株式市場は大きく反落。欧州債務問題の抜本的解決への不安感が再燃したことに加え、米大手金融MFグローバル・ホールディングスがその余波を受けて破綻し、米国の金融機関に欧州危機が初めて飛び火したと受け止められたためだ。

 東京市場朝方の外国証券経由の売買も3営業日ぶりに売り越し。こうした流れを受け、日経平均は前日終値比107円安の8880円でスタート。直後に8873円に突っ込んだ後は為替がやや円安に振れたことなどから、8946円まで戻す場面もあったが、それが本日の高値。その後は再び為替が円高に傾いたことで、前場は67円安の8920円で終えた。

 昼のバスケット取引は273億円成立し、売り買い拮抗と伝えられた。日経平均の後場寄りは8873円と前引けより下げてスタート。注目された中国の製造業購買担当者景況感指数が市場予想を下回り、前月比でも下げたことでアジア株も総じて軟調な展開となり、円高基調もあいまってジリ安歩調となった。14時49分には本日安値となる8831円まで下げ、その後も戻りは弱く、安値圏で引けた。

 業種別では、東証33業種のうち上昇したのは5業種。紙パが1.78%、電気・ガスが1.25%と1%を越す上昇率になった。一方、下落は28業種で、世界景気に敏感な海運が3.7%と大きく下落したのを筆頭に、証券の2.8%、ゴムの2.58%の順で続いた。

 東証1部全銘柄のうち、値上がり銘柄数は429で全体の約26%。値下がりは1095銘柄で同66%。変わらずは138銘柄。個別では、大幅人員削減を発表したTDKやタイの洪水被害が報じられたホンダはしっかり。大幅自己株消却を発表したサイボウズも値を飛ばした。一方で、収益成長の鈍化懸念から嫌気されて一時ストップ安となったディーエヌエーの下げが目立った。今期、巨額最終赤字転落となるパナソニック、業績下方修正を出したノーリツなども下落。業績悪化銘柄に市場は敏感に反応した。

 欧米や日本の株価は先週まで急上昇が続いたことから一部過熱感もあり、少し悪材料が出れば目先売られやすい地合にある。日本時間今晩1日~2日に開かれる米国FOMC(連邦公開市場委員会)で、緩和的措置が打ち出されるかどうかなどにも市場関係者の関心は高く、この帰趨が明らかになるまで、業績発表などを材料とした個別物色を除けば様子見相場となる可能性は高そうだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均続落。欧州債務不安再燃に伴う欧米株安と円ジリ高受け、後場に下げ足早める 経済・株 > 【株式・大引け】日経平均続落。欧州債務不安再燃に伴う欧米株安と円ジリ高受け、後場に下げ足早める
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】日経平均続落。欧州債務不安再燃に伴う欧米株安と円ジリ高受け、後場に下げ足早める 経済・株 > 【株式・大引け】日経平均続落。欧州債務不安再燃に伴う欧米株安と円ジリ高受け、後場に下げ足早める
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。