FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式・大引け】方向感乏しく日経平均、TOPIXとも小幅反落。決算関連銘柄の個別物色目立つ

週明け7日の東京株式市場は薄商いの中小反落。大引けの日経平均株価は前日比34円31銭安の8767円09銭、東証株価指数(TOPIX)は同1.57ポイント安の750.45で取引を終えた。東証1部の出来高は概算で14億5017万株、売買代金は9032億円と低調だった。

 この日の東京市場は、先週末の欧米市場が軒並み反落したことから日経平均は29円安で寄り付き、前場は小幅な値動きのまま48円安で引けた。昼間の立会外でのバスケット取引は売り買い均衡と伝えられ、上海などアジア市場の下げも限定的だったことから、後場は42円安でスタート。その後も方向感は乏しく、狭いレンジでの取引が続いた。

 市場内では、「欧州の債務問題は、過度な不安は後退したが依然としてイタリアの国債利回り上昇などの懸念材料を抱えている。世界景気の先行きも、中国の金融政策を含めて不透明で、投資マネーが株式市場に戻ってくるか見極めづらい」(大手証券)との声が聞かれた。こうした中で、決算絡みの材料株などが個別物色される展開となった。

 東証1部の値上がり銘柄数751(45.1%)に対し、値下がり銘柄数は747(44.9%)、変わらずは162(9.7%)。業種別では、全33業種のうち値上がりしたのは12業種で、上昇率上位は石油、卸売り、鉱業、金属製品、サービス、電気・ガス、海運、建設、水産の順。一方、値下がりしたのは21業種で、下落率が大きいのはガラス、非鉄、紙・パルプ、鉄鋼、精密機器、医薬品、その他製品、輸送用機器、証券の順だった。

 個別銘柄では、第三次補正予算の公共投資関連として五洋建設や日特建設、日本橋梁、ハザマなどの低位建設株が買われ、東電が出来高トップで上伸。DeNAが4日ぶりに反発し、グリーも堅調。三菱商事、三井物産など商社株もしっかり。好決算で宝ホールディングスやオリエンタルランドが高い。東証との合併観測で大証も値を飛ばした。

 反面、キリンや武田薬品が安く、トヨタ、ホンダが軟調。オリンパスは大幅続落。赤字拡大でミツミ電機が大きく売られ、古河電工や旭硝子も業績下方修正を嫌気されて安い。キヤノンは利益確定売りに押された。ソフトバンク、ファーストリテイリングも軟調。

 今週は明日のトヨタなど決算発表ピークが続き、景気ウォッチャー調査や機械受注などの景気指標も控える。また、APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議での日本のTPP(環太平洋経済連携協定)参加表明があるかどうかや、イタリアやギリシャなど欧州危機の動向が注目される。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
アクセス解析
ブロとも一覧

■ ブログ名:泪ドロップス

■ ブログ名:おこづかいアップ大作戦ブログ

■ ブログ名:大きなおやじ日記
フリールーム
フリーエリア
最新記事
プロフィール

なぁ

Author:なぁ
元高校球児 普通のサラリーマンになったのですが
統合失調症をわずらってしまいました
失語症があるため《文章もまとまりませんが
株、経済、熱帯魚大好きです 日経新聞をこころから愛し少々記憶の方が
抜けちゃう時もありますが皆さん仲良くしてください

まずはなおの事を読んでください

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】方向感乏しく日経平均、TOPIXとも小幅反落。決算関連銘柄の個別物色目立つ経済・株 > 【株式・大引け】方向感乏しく日経平均、TOPIXとも小幅反落。決算関連銘柄の個別物色目立つ
パンくずリスト 親子カテゴリ完全対応版
Top Page > スポンサー広告 > 【株式・大引け】方向感乏しく日経平均、TOPIXとも小幅反落。決算関連銘柄の個別物色目立つ経済・株 > 【株式・大引け】方向感乏しく日経平均、TOPIXとも小幅反落。決算関連銘柄の個別物色目立つ
スポンサー様
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。